海外FXの出金拒否について

海外FX事業者の中には出金を拒否する事業者と言うのが少なからず存在しており、副業で海外FXをしている方から詐欺被害を訴えている方もいます。何故、このような詐欺が横行するかですが、実は海外のFX事業者と言うのは日本のFX事業者と異なり金融関連の資格を有したうえで認可を受けるという必要性が無いのです。つまり、認可を得なくても即座に取引所を営業できるのが海外FX事業者であるため、本来は預けているお金は所有者の物のはずなんですが、FX事業者自体の所有物とすることもできるわけです。

ただ、この問題、アメリカなど海外でも問題視され始め、その理由も当然自分の資金なのに自由に引き出すことが出来ないのは実質企業にトレードで得た利益を無償で差し出したような物であるということとなり改善傾向となっています。この改善傾向については、海外FX事業者を解説しているサイトの口コミでは、FX事業者自体が出金をする際のルールを明確化することで対応しルールに乗っ取り現金を引き出すことが出来ると言う物です。

もちろん海外のFX事業者ですので、現金化のルールなどを書いている言語はその国の言語になりますが、一部日本語に対応している事業者もあり、言語が日本語じゃないからわからないということも起きにくくなってます。つまりは、海外のFX事業者自体も顧客が離れる要因である現金が引き出せないという事態を重く見ているからこそ、本来の自国の言語以外でも安全性を証明するために他国の言語まで用いて懇切丁寧に説明をしているというわけです。

逆にこの、懇切丁寧な説明をしていない事業者と言うのは海外FX事業者においては残念ですが安全なFX事業者とは言えず、出金が出来なかったり、まともにトレードが成立するかどうかすら怪しい事業者である可能性も高く、ましてやトラブルが生じた際にきちんとサポートを受けることが出来る可能性自体も危ういです。

サポートがまともに受けれないというのは、言ってしまえばFX事業者も問題を放置しているため危険な事業者です。逆を返せばサポートがきちんと働いており、過去にも問題を多く解決しよくあるトラブルコーナーが充実している海外FX事業者の場合はたくさんの経験が蓄積されていて過去のトラブル解決実績も豊富であるため万が一問題が生じても即座に対応してもらえるというわけです。ここまでしっかりしたサポートがあって初めて海外FX事業者は信頼されますのでまず出金拒否がある時点でその事業者は信頼できないのです。

SNSでもご購読できます。